雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】MonoMax(モノマックス)2020年5月号《特別付録》ナノ・ユニバース 仕切りが動かせる!整理バッグ

出版社さまのご厚意で、MonoMax 2020年5月号付録『ナノ・ユニバース仕切りが動かせる!整理バッグ』の見本品をお譲りいただきました。当記事にていちはやくご紹介します。

MonoMax 2020年5月号付録は2020年4月16日に発売です。付録違いの増刊号も同時発売です。増刊後レビューはこちら。

ナノ・ユニバース 仕切りが動かせる!整理バッグはどんな付録?

 

MonoMax5月号は、収納したいものに合わせて仕切りを自由に動かせるナノ・ユニバースの荷物を整理できるバッグが登場!

付録ライフより

 

MonoMax 2020年5月号
発売日:2020年4月9日(木)変更4月16日
出版社:宝島社

価格:税込み980円

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

本体に入るサイズは下記のとおりです。

・ファスナーポケット:B6ヨコ

・メッシュポケット:はがきヨコ

・ポケット×2:ペン2本ずつ

・本体:A5ヨコ

【容量】

500mLのペットボトルが3本収納できました。

<実測サイズ>

縦17.5cm×横23.5cm×マチ6cm

持ち手:22cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル裏PVC貼り加工 ポリエステル

<生産国>MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

本体表面は、ザラザラとした触り心地のポリエステル生地。横マチ部分は、ふわふわとした起毛素材。横マチ以外はしっとりとした触り心地のポリエステル素地です。

付録の品質はどう?

縫い目は約4mm~5mm幅。既製品と比べて縫い目は粗いものの、一定でそろっています。目立つゆがみやホツレもなく、付録としては充分な品質です。

付録を使ってみた感想は?

仕切りは大2個、小2個の計4個ありました。マジックテープを横マチの起毛素材にくっつけると自分で仕切りをつくれます。

収納する物のサイズに合わせて、仕切りを動かせます。仕切りはぐにゃりと曲がるほど柔らかい素材。サイズが多少合わなくても柔軟に動くので自由度が高いです。

本体に厚みがなくクッションなどは入っていないため、壊れやすいものは緩衝材を巻いたり、保護したりしてから収納したほうが良さそうです。

本体ファスナーは最初は角で少しもたつきましたが、開閉を繰り返していくうちに馴染み、引っかかりがなくなりました。ダブルファスナーで便利です。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

人気の自分で仕切りを動かせる収納ケースが今年も付録になりました。

自分でレイアウトができるので、収納が楽しくなりそうです。出張セット、旅行セットなど持ち運び用のケースでも良し、家の充電器&ケーブル入れ、ゲーム機収納などさまざまな用途がありそう。

本体に厚みやクッション性などはないため、衝撃に弱い精密機械などは別途緩衝材を巻いたり、個々で別ケースなどにいれたりしてからの収納をおすすめします!

購入した付録つき雑誌/ムック

MonoMax 2020年5月号


発売日:2020年4月9日(木)変更4月16日
出版社:宝島社

価格:税込み980円

付録違いの増刊号も同時発売。レビューはこちら。