雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】BACH(バッハ) 40th Anniversary BOOK スペシャルヘルメットバッグ

BACH(バッハ)スペシャルヘルメットバッグはどんな付録?

特別アイテムは、しっかりとした素材を使用した、自立するヘルメットバッグ。

ホテルのルームキーをイメージしたロゴ入りチャームと、限定デザインのロゴが入った本誌オリジナルアイテムです。

深さのあるフロントポケットに加え、A4サイズの書類などもすっきり収納できて、通勤・通学に便利なサイズです。

宝島CHANNELより

 

SIZE(約): W32×H33×D9.5cm
ショルダーストラップの長さ132cm[最長]

宝島CHANNELより

 

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

A4サイズがタテ向きで入ります。

内ポケットには、B6サイズがタテ向きで入りました。

目一杯はいりそうな容量は2ℓペットボトル2本分です。本当はもう一本入れられるかと思って挑戦しましたが、口部分が底部分よりもせまくなっているため、入れることができませんでした。
ペットボトル2本を入れてファスナーを閉めることができました。

 

 

<実測サイズ>

タテ33cm ヨコ32cm 奥行9.5cm

ショルダーストラップは最長132cm  最短64cm

公式表示と同じでした。

付録の素材はなに?原産国は?

 

<素材表記>  ポリエステル(本体)   アクリル樹脂(チャーム)

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

 

表地はポリエステルで、かなりしっかりとした厚みがあり、ハリがあります。
さわった感じは、目地が粗くごわごわしていて硬いです。

反面、裏地は薄くシャリシャリの素材でした。表地に比べるとかなり薄く、若干頼りない感じを受けました。

少しポリエステルの匂いが残っていますが、使用しているうちに気にならなくなりました。

ショルダーストラップは、アウトドアブランドのわりには柔らかく、表地とのバランスを考えると、もう少しごつくてもいいのでは、と感じました。普通に使う分には問題ないレベルです。というか、付録らしいクオリティーです。

 

付録の品質はどう?

 

縫製はしっかりとされていますが、ところどころ糸が飛び出ている部分が気になるといえば、気になりました。ただ、飛び出た糸はかなり短く、そして割とあちこちにそういった部分が発見されたので、全体的にそんなものなのかな、と目をつぶってみました。

「触れた感じは」の所でもふれましたが、裏地がかなりシャリシャリで薄いので、針の穴?が開いてしまっています。
きっと表地と裏地があまりにも厚みが異なるので、縫製が難しかったのかな…と、遠い中国の縫製工場の(きっと)女工さんに思いを馳せてしまいました。これはきっと個体差があるのではと思われます。

ファスナーがきちんと閉まらないのは、付録のバッグらしい作りです。

 

 

付録を使ってみた感想は?

身長160cmの筆者がナナメがけで使ってみて、サイズ感はぴったりでした。というか、ストラップで調節できるので、どんな身長の人でも大丈夫です。

マチがある割に入口が狭くなっているので、思ったほど物が入れやすくはありませんし、たくさん物が入る作りではありませんでした。

表のポケットは、しっかりとしたスナップがついていて、なおかつ入口も隠せる仕様になっています。
スマホやお財布などの貴重品入れにぴったりです。

 

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

バックパックのブランドということで、ゴツい素材ながらスタイリッシュにデザインされていて、見た目はとてもGOOD!

黒一色で地味になりそうなところを、ホテルキーのようなオリジナルチャームがいいアクセントになっていて、とてもかわいい・かっこいいと思いました。

表地の素材にそのパワーのほとんどを注ぎ込んでしまったのか、裏地とショルダーストラップはややコストダウン感が否めず、付録らしいといえば付録らしいです。

このバッグはストイックにアウトドアで使用するというよりは、もっとカジュアルにタウンユースで使うのがちょうどいいのかな、と感じました。

 

購入した付録つきムック/BACH(バッハ) 40th Anniversary BOOK

 

誌名 BACH(バッハ) 40th Anniversary BOOK
出版社 宝島社

発売日:2020年3月16日
価格:本体2,200円+税

宝島CHANNELより