雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】ALEXANDRE DE PARIS(アレクサンドル ドゥ パリ) バニティバッグBOOK TSUTAYA限定

ALEXANDRE DE PARIS(アレクサンドル ドゥ パリ) バニティバッグBOOK TSUTAYA限定はどんな付録?

セレブに愛されるヘアアクセブランド

アレクサンドル ドゥ パリ 初のブランドブック

キャビアスキン風の型押し生地と、ラウンド型の上品なシルエットで高級感あふれる一品。ストラップ付きでバッグとしても使えます。

宝島チャンネルより

SIZE(約):直径15× 高さ15cm
ショルダーストラップの長さ 130cm[最長]

宝島チャンネルより

 

TSUTAYA限定販売です。TSUTAYAオンラインショップページはこちら。

付録違いも同時発売です。付録違い版のレビューはこちらです。

ALEXANDRE DE PARIS(アレクサンドル ドゥ パリ) バニティバッグBOOK TSUTAYA限定

発売日:2020年3月17日(火)
出版社:宝島社
価格:本体2,180円+税

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

500mlのペットボトルとバニティを比較画像です。500mのペットボトルより高さは低いです。

 

 

【容量】

ポケットにポケットティシュ1個、本体には丁度良いものがなく……薄手のフェイスタオル1枚+トイレットペーパー1個が入りました。

ちなみに手持ちの長財布は入りませんでした。ミニ財布+スマホ+カギなど必要最低限なものは一通り収納できました。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>PVC ポリエステル、鉄、合金

<生産国>MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バニティは細やかなデコボコがある、レザー調合皮生地です。付録違い版のポーチよりもシボが細かく入っていました。

やわらかく、バニティとしては薄手のため、シワがところどころ入っていました。

ロゴはプリントではなく箔押し。ゴージャスです。

付録の品質はどう?

縫い目幅は約4mm。細かさは既製品に劣るものの、縫い目はキレイにそろっています。

内側は、薄手で柔らかいポリエステル生地です。

バニティ生地が柔らかく薄めなので、荷物をマックスに入れていないと形がいびつになっているように感じました。まだ梱包のクセがとれていないのかもしれません。物をたくさんつめて形を整えていこうと思います。

 

付録を使ってみた感想は?

開口部がパカッと大きく開き、中が見渡しやすいです。深さも丁度良いサイズ感で、荷物の出し入れがスムーズに行えました。

ファスナーは滑りが良いものの、本体が柔らかく軽いため、しっかりおさえないと開閉がしにくいです。コツをつかめばもう少しスムーズに開け閉めができそうです。

持ち手横の金具にストラップを付ければショルダーとしても使用できます。身長155cmの筆者がななめがけをすると開口部は腰骨より手のひら分ぐらい下、底部が膝上ぐらいの位置にきました。ストラップの肌あたりは優しいです。

 

約1.5㎏の荷物を入れても、生地が伸びたり、縫い目がツレたりすることはありませんでした。ただ、荷物によって形が変わってしまうため、バランスよく荷物を入れる必要があります。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

バニティ型のショルダーデザインに惹かれ、発売前より楽しみにしていました。実物を使ってみると、柔らかく薄手の合皮生地のため、形がくずれやすくシワもつきやすいので、せっかくのバニティデザインを活かしきれていない気がします。なので「うーん・・・」という評価になりました。

しかし箔押しの繊細なロゴや、ファスナーや引手の合金の質感などが洗練されていてすごく可愛いのは間違いないです。

購入した付録つき雑誌/ムック

ALEXANDRE DE PARIS(アレクサンドル ドゥ パリ) バニティバッグBOOK TSUTAYA限定

発売日:2020年3月17日(火)
出版社:宝島社
価格:本体2,180円+税