雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】&ROSY(アンドロージー)2020年5月号《特別付録》shu uemura(シュウ ウエムラ)メイクアップアーティストバッグ

&ROSY 2020年5月号(2020年3月28日発売)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

shu uemuraメイクアップアーティストバッグはどんな付録?

アーティストも太鼓判!使い勝手抜群の本格派メイクバッグ
シュウ ウエムラのロゴが映える、しなやかなマットレザー調バッグ。

FASHION BOX | 宝島社より

大容量なのはもちろん、サイズの異なる計5つの内ポケット付きで使い勝手抜群。さらにファスナー付き前面ポケットを開くと4つのブラシホルダーとメッシュポケットが。

FASHION BOX | 宝島社より

 

・バッグの中には深めの幅狭ポケット3つ、浅めの幅広ポケット2つ
・前面ポケット部分にはメッシュポケットと4つのブラシホルダー付き
FASHION BOX | 宝島社より

 

ビューティグッズの収納はもちろん、普段のお出かけのお供にも。
【サイズ(約)】H16×W26×D12cm

FASHION BOX | 宝島社より

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグのメイン収納にはA5サイズのカードケースがすっぽり入りました。

最大容量は500mlのペットボトルがヨコに5本、タテに1本入りました。

フロントポケットを開けたメッシュポケットには、A6サイズのカードケースが入ります。
ブラシなどが入れられるポケットに14cmのペンをそれぞれ入れてみましたが、すっぽり入りあと1本ずつぐらいそれぞれ入りそうな余裕がありました。

バッグの内側にはポケットが5つあります。前部の2つのポケットはヨコ幅が広いもの。ポケットティッシュがヨコにすっぽりと入りました。また、スマホ(14×6.5cm)はタテに入りました。

バッグの後部ポケットは3つ。タテに入れたポケットティッシュやスマホ(14.8×7.4cm)がすっぽりと入りました。

<実測サイズ>
バッグ(約):タテ16.5cm ヨコ28cm マチ14cm
内側ポケット(前)2コ:約9×13cm 内側ポケット(後ろ)3コ:約15×8cm
フロントポケット(メッシュ)10×19cm ホルダーポケット4コ:約8.5×3×2cm
ベルト・・・23cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC合皮、ポリエステル
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バッグ表面は細かいシボが入り、手触りは柔らかめのレザー調。たとえると、合皮のしんなりとした手袋のような手触りです。また、色は黒でもマットな黒。漆黒ではなく、テカリをおさえた黒でグレーに近いような色です。

バッグの内側は裏地が施されていますが、一般的によくある薄いペラペラとした裏地ではなく、パリッとしたハリのある裏地です。内側全体的に施されていて、ポケットも同じ素材でパリッとしています。

付録の品質はどう?

ミシン目は揃っていて、とくに気になるような点はありませんでした。

持ち手部分の縫製に少し気になる点があります。
表側の持ち手と開口部のつなぎ目が少しめくれ上がっているように見えます。

横から見ると折り込まれている部分がめくれているように見えていることがわかります。

縫製では仕方ないかもしれませんが、見た感じぐりんと少し丸まっているので気になります。

付録を使ってみた感想は?

バッグの開口部は特にボタンなどなくパカッと開いています。マチが広いので中身が見渡しやすいです。

バッグの高さは500mlのペットボトルを入れると頭部分が出るぐらいの大きさです。

フロントポケットのファスナーを開けたり閉めたりしてみました。
ラウンド部分がありますが、とくにひっかかっりなどはなくスムーズに開け閉めできました。

メイクバッグのため水滴が付くことが考えられるので、水をかけてみました。結果、水は弾かれ、タオルでふくとキレイに水分はなくなりました。

バッグ内側も同じように水をかけてみましたが、水滴になり同じくタオルで拭くとキレイに水分が取れました。

バッグの匂いは表側ではとくに感じられず、内側にも鼻を近づけてみましたが、微かにビニールのような匂いがしましたが、そこまで気になるものではありませんでした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

予告から気になっていた&ROSY5月号のメイクアップアーティストバッグは、思っていたよりしっかりとした作りのうえ、メイク道具を入れるのにちょうどよい大きさなので「あり!」。
付録のメイク道具のバッグは、結構期待を裏切るものが多い気がしていたのですが、今回はなかなかいい感じ♪

まず、シンプルさが私好みでした。ゴテゴテとした飾りはなく、見た目がサッパリとしています。
そして、縫製がよかった!ラウンド部分のファスナーのひっかかりが付録ではよくあるのですが、この付録はまったくなかったので、びっくり。しっかりと作られているなと感じました。

またメイク道具を入れるのであれば、中に入れているモノが取り出しやすく見渡しやすいように開口部が広く開いているほうがいいので、このバッグは最適だと思います。

ただほかの使い道としてはちょっと難しいかもしれません。お出かけに持って行くのもシンプルな可愛さがあり良さそうなのですが、開口部が閉められず中身が見えすぎかな・・と思えました。おでかけに使うのであれば、小さいポーチでバッグの中身を整理するなど、使い方には気をつけたほうが良いと思います。

以上、&ROSY2020年5月号《特別付録》shu uemuraメイクアップアーティストバッグのご紹介でした。

紹介した付録つき雑誌/ムック

&ROSY 2020年5月号
発売日:2020年3月28日(土)
出版社:宝島社
価格:1,100円