雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】GINGER(ジンジャー) 2020年4月号≪特別付録≫フリークスストア Uネック&スクエアネック 2wayリブタンクトップ

フリークスストア Uネック&スクエアネック 2wayリブタンクトップはどんな付録?

 

Uネックとスクエアネック、コーディネートに合わせて前後2wayで使える!
トレンドのブラウンカラーのリブタンクトップです。

ふろく.lifeより

付録にはFREAK’S STOREと初コラボが実現した「2way リブタンクトップ」🕺✨春ファッションとの相性抜群です‼️

 

GINGER公式インスタグラムより

 

 

本誌には着こなしプランが紹介されています。写真のように軽やかに着こなしてみたいですね。

ブラウンとラベンダーカラーの色合わせが素敵だなと感じました。写真ではわかりずらいですが、前と後ろでスクエアネックとUネックとして使い分けができて楽しそうです。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

 

A4サイズと比べるとこのくらいです。

<実測サイズ>

丈・・・55cm
幅・・・33cm

 

付録の素材はなに?原産国は?

 

<素材表記> 綿 ポリエステル ポリウレタン

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

 

付録素材を見た、触れた感じは?

 

 

 

色はこれから春にかけて取り入れる機会が多そうな、ペールヵラーの差し色にぴったりなモカブラウン。落ち着いた色味でありながら、春の予感を感じさせる色で好感が持てます。

実際に触ってみたところ、やわらかく、リブの素材はしっかりと厚みがあるようで、市販品と変わらないと感じました。リブ幅は3mmほどです。

生地はやや光沢があり、つややか、シャリ感もあります。綿だけでなくポリエステルが混合されているせいか、感触としてははしっとりとしなやかな手ざわりでした。

折りたたむとコンパクトに丸められて、持ち運びにもよさそうです。

 

 

付録の品質はどう?

 

 

素材はとてもいいと感じましたが、縫製はやや雑な部分が目立ちました。

ミシンの始末が雑な部分が何か所かあったのと、あれこれ調べているときに極細かな糸くずがパラパラ落ちてくるのが少し気になりました。

生地の端の始末がちょっと荒いのかな?といった感じです。

 

付録を使ってみた感想は?

 

これから春にかけて使えそうなブラウンカラーということで、活躍する機会も多そう!
と思い、この「フリークスストア Uネック&スクエアネック 2wayリブタンクトップ」を実際に手に取ってみると、一抹の不安が頭をよぎりました。

リブ素材は使っていくうちにテロンテロンになってしまわないだろうか。

こう感じた筆者は、タンクトップを何度も何度も横方向へとひっぱってみるということを試してみることにしました。

結果は、10回程度70%の力加減で(100%だと修復不可能なほど伸び切ってしまうのではと感じたため)引っ張ってみたところ、身幅が3cmほど広がってしまいました。

やはりそうだったか・・・

少し残念に思いましたが、市販のタンクトップも使っていくうちにその程度の広がりは想定内ですので、850円という価格として考えればむしろ3cmならば許容範囲内でしょうか。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

縫製が少し気になったのと、リブ素材の伸びが気にはなりましたが、この価格で今春トレンドのアイテムが手に入れられると考えれば、コスパとしては優秀なのではないかと感じました。

また、前後で、スクエアネック、Uネック、と2Wayで着まわせるのも嬉しいです。

着丈がやや短めかな、とも感じましたが、ボトムにインせずに軽快に着こなしてみるのがいいかもしれません。

流行のアイテムを付録で試せるというのは、普段と違った冒険をお手軽に試せるところがいいですね。

この「フリークスストア Uネック&スクエアネック 2wayリブタンクトップ」をクローゼットに取り入れて、春らしい軽快なおしゃれに挑戦したいと思います!

 

購入した付録つき雑誌/GINGER(ジンジャー) 2020年4月号

 

誌名 GINGER(ジンジャー) 2020年4月号
出版社  幻冬舎

特別定価 850円