雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】リンネル 2020年4月号《特別付録》marble SUD(マーブルシュッド)コンパクトショルダーバッグ&万能ケース&チャームセット

先行レビュー!リンネル 2020年4月号付録「marble SUD(マーブルシュッド)コンパクトショルダーバッグ&万能ケース&チャームセット」の見本品をいただきましたので、当記事にていちはやく紹介します。参考にしていただければ幸いです。

尚、見本品のため実際の付録とは異なる部分があるかもしれません。予めご了承ください。

リンネル 2020年4月号は2020年2月20日(木)発売です。同日発売の付録違いの増刊版レビューはこちら

コンパクトショルダーバッグ&万能ケース&チャームセットはどんな付録?

落ち着いた赤色のバッグで一足先に春気分をプラス。持つだけでハッピーになれるアイテムたちです

宝島チャンネルより

セット内容・サイズ

コンパクトショルダーバッグ
サイズ(約)
H8.5×W14.5×D6cm

万能フラグメントケース
サイズ(約)
H8×D13cm

幸せの青い鳥 チャーム
サイズ(約)
直径7×D1cm(編集部調べ)

宝島チャンネルより

 

リンネル 2020年4月号
発売日:2020年2月20日(木)
出版社:宝島社
価格:1,100円(税込)

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

ショルダーバッグ

【サイズ・容量】

パスポートがヨコ向きに収納可能。150gのミニ缶のジュースが2本入りました。

長財布(縦10cm×横20cm)、スマホ(縦7.5cm×横16cm)は入りませんでした。(縦9cm×横11cm)のミニ財布は収納できます。

フラグメントケース&チャーム

チャック内には交通カードやポイントカードが10枚入ります。

 

前面ポケット×1、後ろポケット×3には各2枚ずつ交通カードやポイントカードが収納可能でした。

フラグメントケースの大きさはB7タテサイズとほぼ同じ。チャームは、交通カード縦ぐらいの大きさでした。

<実測サイズ>

バッグ

本体:ストラップ最長130cm※調節可能

フラグメントケース:縦8.5cm×横14.5cm×マチ5cm

チャーム:直径7cm

付録の素材はなに?原産国は?

<生産国>

MADE IN CHINA

<素材表記>

ショルダーバッグ:塩化ビニル樹脂、ポリエステル、亜鉛合金、鋼

万能ケース:塩化ビニル樹脂、ポリエステル

チャーム:ポリエステル、鋼

付録素材を見た、触れた感じは?

ショルダーバッグ

増刊版と同様、コシがありつるっとした塩化ビニル樹脂素材。増刊版よりも、生地が柔らかめな気がしました。

目地が細かく、光にかざすと細かいラメがキラキラしています。

 

裏地はふわふわとしたポリエステル生地でした。裏地で生地の厚みが増しています。

フラグメントケース

フラグメントケースは、シボが細かく入った合皮のような生地。手で撫でるとザラついています。ロゴは箔押しです。

チャーム

フェルト生地に綿のようなものが入っているので、ふっくらとしたチャームに。

鳥は刺繡です。

付録の品質はどう?

ショルダーバッグ

縫い目幅は約4mmで、既製品と比較すると少し粗いです。大きなゆがみ、ズレ、ホツレなどはなく付録としては十分な品質です。


フラグメントケース

フラグメントケースは、よく見るとポケットが斜めになっているように感じました。他、ファスナーポケット内部のパイピング処理が雑な部分があり、付録らしい品質でした。

チャーム

気になるほどではありませんが、形が少々いびつです。刺繡は細部までとても丁寧に縫われていました。

付録を使ってみた感想は?

ショルダーバッグ

増刊版よりさらにコンパクトサイズ。ストラップは取り外し可能なため、ポーチとしても使えます。

ストラップを斜め掛けをすると、身長155cmの私で、開口部が骨盤下あたりの位置に来ます。増刊同様、他付録のショルダーバッグよりストラップは長め。

本体内に、フラグメントケースがぴったり入ります。ファスナーの開閉はスムーズでした。

フラグメントケース

ファスナーポケットはカードの他に、小銭入れにもなります。ただ、マチがないため取り出しにくいのと、中身が把握しにくいです。

ポケットは幅に余裕があり、カードの出し入れはスムーズ。
チャーム

チャームは増刊版と同じで、キーホルダーのようにリングに通してつけるタイプです。

リングをつまんで広げるのに、爪が痛くなり時間がかかりました。ボールチェーンや、ナスカンだったら楽なのになぁと思いました。

バッグにつけるとこんな感じです。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

ショルダーバッグとしてはコンパクトサイズすぎて、スマホすら入らないのがネック。荷物が多い私には使用する機会がなさそうです。

手持ちのパスケースや小銭入れは入ったので、荷物がとても少ない人には良いかもしれません。色味は増刊版のゴールドより、こちらのレンガ色っぽいブラウンカラー(公式によるとレッドカラーらしいですが私には赤茶色に見えます)が好みなだけに少し残念。

フラグメントケースは縫製がちょっと雑なものの、ファスナーポケットに小銭も入れられて、カードや定期が入るので機能的です。

チャームは既製品レベルのクオリティの刺繍で本当に可愛いです。

私はショルダーバッグではなく、ストラップを外してポーチとして使用したいと思います。

リンネル 2020年4月号は2020年2月20日(木)発売です。同日発売の付録違いの増刊版レビューはこちら

紹介した付録つき雑誌/ムック

リンネル 2020年4月号

発売日:2020年2月20日(木)
出版社:宝島社
価格:1,100円(税込)