雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】MOE(モエ)2020年3月号《特別付録》ヨシタケシンスケ絵本「あつかったらぬげばいい」

ヨシタケシンスケ絵本「あつかったらぬげばいい」はどんな付録?

MOEふろく絵本
ヨシタケシンスケ 「あつかったら ぬげばいい」
ヨシタケシンスケさん描きおろし!

月刊MOEより

MOE 2020年3月号
発売日:2020年2月3日(月)
価格:930円
白泉社

サイズはどれくらい?

タテはハガキ、ヨコさはB6サイズと同じ長さでした。

<実測サイズ>

縦14cm×横14cm

付録を使ってみた感想は?

絵本はザラザラとした触り心地の紙です。パンフレットや、市の広報誌のように薄手です。

全部で22ページありました。

絵本は“あつかったらぬげばいい”タイトルのように、“もし~だったら〇〇すればいいんだ”と励まされる内容でした。

短い文章で幼児でも読める長さですが、内容的に幼児よりも大人の方がより楽しめるかと思います。

ちょっと心が疲れたときの気分転換に。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

MOE付録だけのかきおろしな作品なので、ヨシタケシンスケさんの絵本が好きな方は必見です。

ついついどうしようもない事を考えがちな私は、『あつかったらぬげばいい』を読んでみて少し前向きになれた気がします。薄手な絵本ですが、コンパクトで持ち運びや収納にも困らなさうです。

ヨシタケシンスケさんの最新作『もしものせかい』も読みたくなりました。

購入した付録つき雑誌/ムック

MOE 2020年3月号


発売日:2020年2月3日(月)
価格:930円
白泉社